【静岡で評判!】おすすめの注文住宅業者・ローコスト住宅メーカーを厳選比較でご紹介します!

注文住宅で後悔しやすいポイント

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/07/31

マイホームを持つのは多くの人の夢なので、静岡でも注文住宅を建てる人も多いと思います。静岡は東京都大阪の丁度中間地点に位置しており、利便性のよさと豊かな自然を兼ね備えています。一戸建て住宅も多くあり、自分のこだわりを実現するために注文住宅にする人も多いです。ただし、いろいろこだわったはずなのに後から後悔することもあります。

不要な設備を付けてしまって後悔

注文住宅の魅力は、自分達で必要な設備を選んで付けられることです。一般的な建売住宅の場合には標準装備される設備が決まっているので、物足りないと感じることもあります。

注文住宅の場合にはいろいろなオプションを付けることができますが、実際に使ってみると不要だったということもあるので注意が必要です。具体的な例を挙げると「ロフトを作ったけれど意外と使わなかった」「床下収納が便利そうだと思ったが不要だった」といった声が多く聞かれます。

ロフトは収納スペースとして活用できますが、屋根に近いので夏は暑く居住空間としては向いていません。秘密基地のような感じで過ごそうと思っていると、失敗だったと感じることもあります。それからキッチンや洗面所などに多い床下収納も評価がわかれるポイントです。床下収納にいろいろな物をしまって便利に活用している人もいますが、使ってみるといちいちかがまなくてはならないので不便と感じて使わなくなってしまう人もいます。床下収納の上に家具などを配置して、まったくの無駄になることもあるようです。

注文住宅を建てる際には、家具の配置なども考えておくようにしましょう。それから浴室に暖房乾燥機能を付けたり、テレビを設置したりする場合もあります。浴室乾燥機脳は洗濯物などを乾かすのに便利ですし、テレビが付いていると入浴している際にも楽しめます。ところが、電気代がかさむので乾燥機としては使用しない、テレビも結局見ないということもあります。

足りないものがあって不便を感じる

注文住宅を建てた後に、やっぱり付けておくべきだったと思うものもあります。たとえば玄関スペースが狭かったので、もっと広くすればよかったというような失敗が多いです。子どもが生まれたりして家族の人数が増えると、靴の数も増えるので全部収納できなくなってしまうことがあります。

靴は用途によって使い分けるので、数は増えてしまいがちです。雨の日には長靴を履くこともありますし、夏にはサンダル、アウトドアに出かける際にはスニーカーなど数が多くなります。大容量のシューズクローゼットを設けておくと便利だったと後悔することも多いです。また、子どもが小さいうちはベビーカーなどを置いておくスペースなども必要になります。

最近ではテレワークも普及してきていますが、仕事をするのに便利な書斎やワークスペースがあるとよかったと感じることもあります。1~2人が心地よく過ごせる広さの空間は、子どもの学習スペースや趣味の場所としても活用できます。

さらに、ペットを飼っているご家庭では、犬の足洗い場があるとよかったと感じることも多いようです。足を洗える場所があると散歩から帰った時なども楽になります。

庭なども都心部などでは諦めてしまうことが多いですが、居住スペースを少し削っても庭を設けておけばよかったと後悔することもあります。屋上などのスペースを庭として活用できる設計もあるので、最初から諦めてしまうのではなくて事前に情報収集しておくことが大切です。

メンテナンスをするのに手間がかかる

静岡で注文住宅を建てる際には、その後のメンテナンスのしやすさも重要なポイントです。建物は一度建てたらそれで終わりというわけではなく、その後もメンテナンスを行う必要があります。外壁や屋根などは常に風雨にさらされているので、劣化しやすい部位といえます。

年数が経過するとひび割れなどが発生することもあり、そうなった場合には屋根や外壁などを塗り直さなければなりません。外壁の塗装剤などにはグレードがあり、高いグレードの物ほど耐久性も優れています。住宅の価格を下げようと安いグレードの塗料を使ったりすると、こまめにメンテナンスが必要になることもあります。

また、規格外の大きな窓をつけたりすると、割れた時に新しいのを用意するのに高い費用がかかるといったこともあります。一般的な大きさではないと特注品になることもあり、費用が割高になってしまうのです。窓の内側に使用するカーテンなどもオーダーしなければいけないので、費用がかさむこともあります。

お風呂場では、露天風呂のようなイメージで檜を使ったらカビが生えやすくて困ったということもあるので注意が必要です。木材は湿気がこもるとすぐにカビてしまうので、日頃から風通しをよくして水滴を拭き取っておくといった作業が必要になります。その手間を面倒に感じることも多いようです。デザイン性だけではなく、ライフスタイルなども総合的に考える必要があります。

 

静岡で注文住宅を建てる際には、ライフスタイルをしっかりと考えておくことが大切です。余計なオプションを付けてしまって必要なかった、反対にあれを付けておけばよかったと後悔することもあります。日頃のメンテナンスのしやすさ等も大切な要素です。

おすすめ関連記事

サイト内検索